虫歯が進行した時の治療法|リラックスできる待合室を作る歯医者で治療を受ける

リラックスできる待合室を作る歯医者で治療を受ける

虫歯が進行した時の治療法

子供

どんな治療法があるのか

もしも、あなたの歯が虫歯で大きく削れてしまった場合、歯科医院ではどんな治療が行われるのでしょうか。小さい虫歯ではレジン充填や銀歯など、簡単で短時間での治療が可能になります。しかし、虫歯により大部分がなくなってしまった場合にはこれらの治療は適応されません。虫歯の部分を全て削りますので、レジン充填や銀歯では強度が足らなくなるためです。この場合に行われる治療は、両隣の歯も削り、繋げるブリッジや部分入れ歯、差し歯、インプラントなどが考えられます。ブリッジは両隣の歯も削る必要があり、負担が大きくなります。部分入れ歯は歯にバネをかけて固定しますので、審美的に気にされる方も多いです。インプラントは保険が適応されませんので、高価です。差し歯は、歯茎の中に埋まっている歯根といわれている部分が健在でしたら、適用されます。1本単体での治療になりますので、負担は小さくすみます。

治療の手順や条件

差し歯と聞くと、歯茎に直接ピンのようなもので歯を差しているというイメージを持たれがちですが、それは大きな間違いです。差し歯とは、自分の歯の根、歯根を利用します。この歯根にコアと呼ばれる支柱を立てます。そして、その上にクラウンと呼ばれる被せものを被せます。保険内でも前歯の色味は合わせて作成されます。奥歯は銀歯になりますが、保険での治療にこだわらなければ色や素材は希望の物を選べます。相場は歯科医院によりマチマチなので、相談して、納得いく治療を行ってください。自分の歯根を使うわけですから、この歯根部分まで虫歯が進行していたら、差し歯の治療は行えません。歯周病で歯を支える力が弱い場合も不向きといえます。その場合は、歯周病の治療とあわせて進めることをお勧めします。